トライアルの流れ

ピアノトライアルの流れ

ミナトトライアルの流れ

まずは事前にWEBから申し込み。その後、当日に会場までお越しください。服装は、スマートカジュアルでOKです!ドレスを着る必要は全くありません。 発表会ではなくピアノ練習会ですので、少しよそ行きのお洋服、位の心もちでお越しください。

  1. 審査員のご紹介
  2. 審査員の紹介を、司会が行います。こちらは2016年12月に行われたトライアルの講評をしてくださった先生方のプロフィール。大学や経歴でも分散するようようにしています。

    赤澤先生赤澤 真由子 先生
    東京藝術大学付属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。PTNAピアノコンペティション全国大会奨励賞、北関東ピアノコンクール第二位、栃木県ピアノコンクール優秀賞他多数受賞。


    大矢先生大矢 絢子 先生
    桐朋学園大学卒業、桐朋学園大学研究科修了、桐朋学園大学院大学(修士課程)修了。2008~15年、桐朋学園大学嘱託演奏員を務める。かながわ音楽コンクール中学生の部最優秀賞、横浜市長賞受賞。


    菊地先生倉地 恵子 先生
    桐朋学園子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科を経て渡米し、ニューヨークのジュリアード音楽院で学士、修士課程を修了。

    レベルの高い先生のみしか審査員には選ばれません

    単に音大を出ただけではなく、指導力、演奏力ともに卓越していると認められた一流の先生/演奏家のみが審査員として参加できます。信頼できるアドバイスが出来る先生のみが審査員として選ばれていますので、どうぞご安心ください。

  3. 皆様のピアノ演奏
  4. 練習の成果を、ご披露していただきます。

  5. 休憩。その後、先生方が全体の講評をくださいます。
  6. 丁寧に感想を書きます皆様へのアドバイスを、先生方が丁寧にシートに書き込んでくださいます。

  7. アドバイスシートのお渡し
  8. アドバイス
    書き込んでくださったシートを係りの者がお渡しいたします。じっくり読んで、理解を深めてください。

    アドバイスシートとは

    2015y12m06d_183721503アドバイスシートには、芸術性、テンポなどの複数の項目による★5つからなるピアノの先生方の経験と知識に基づいた定量分析と、ご感想、今後のアドバイスなどを書いたコメント欄の定性分析からなります。

    時間が許す限り、たくさん書いていただくように、先生方にお願いしています。先生方がくださったアドバイスは、必ずや皆様のピアノ練習、今後の上達に役立つはずです。

    将来のピアノの上達に役立つことのみを

    あなたのピアノ上達に役立つことのみを書いていただきます。
    けなしたり落ち込むような表現は出来るだけ避けます。 ミナトトライアルは皆さんのピアノ上達の為の場で、緊張とプレッシャーの中参加されるだけでも素晴らしいことです。
    それを承知で先生方もご対応くださいます。どうぞお気軽にご参加ください。

  9. ミニレッスンタイム
  10. ミニレッスン
    先生の全体好評が終わったら、ご希望の方にはミニレッスン!我先にと先生の所にお集まりいただき、ワンポイントレッスンを受けてみてください。

  11. 打ち上げ(オプション)
  12. 終わった後は、参加者同士 楽しく交流しましょう。大人の参加者が8割以上を占める、ミナトトライアルならではの行事です。先生も参加されるかも!? 素敵な音楽仲間たちと、音楽談義に華を咲かせてください。
    img_0052

    img_0051

    ピアノ教室

トライアルがおわったら

ピアノの発表が終わられましたら、各自ご自由に解散していただいて結構です。しかし、発表した後が、一番伸びる時期でもあるのです。ご自宅に帰って、またはミナトピアノ練習室で練習したりと、しっかりと教えていただいた内容を踏まえて復習することが、上達への近道です。